皮下脂肪を減らすお茶はコレ!皮下脂肪を落す1番の方法

効率よく皮下脂肪を減らすには?「お茶」の助けを借りてみよう!

年齢を重ねると、脂肪が溜まりやすくなるもの。若いころと比べて体型の違いにがっくりとくるものです。

 

まだ若い人でも、生活習慣によっては、脂肪がつきやすい環境にあるといえます。

 

脂肪には、「皮下脂肪、内臓脂肪」という種類があります。どちらも健康のためには最低限必要です。たとえば、転んだときなどの体のクッションの役割になるのが脂肪です。万一、エネルギー不足になったときにもエネルギーとして使われます。

 

しかし、増えすぎると、健康や見た目に影響します。とくに、皮下脂肪は目にみえて分かりやすく、手でつまめるのが皮下脂肪です。おなかまわりや太もも、二の腕などにとくにつきやすい傾向があります。

 

皮下脂肪を効率よく減らしていくためには、運動が欠かせません。食事制限だけでは減るのが限られていて、「燃焼」が重要になります。

 

ただ、年齢を重ねると代謝も低下することで、脂肪が落ちにくい状態になっているものです。

 

そこでおすすめしたいものが、脂肪の燃焼を促す系の「お茶」です。専用のお茶を取り入れることで、健康的であり、効率よく脂肪を燃焼していくことができます。

成功するダイエットを!脂肪燃焼におすすめのお茶ランキング 厳選3選

白井田七。茶

おすすめポイント!

圧倒的なパワー。実力派のお茶!第1位に選ばせていただいたのは、『白井田七。茶』という健康茶です。同じメーカーから「白井田七」というサプリメントが出ております。

 

白井田七。茶は、非常に優れた栄養素を持つといわれる「田七人参」と「緑茶エキス」をブレンドしたシンプルでありながら実力派のお茶です。

 

まず、田七人参とは、あの高麗人参より有効成分の「サポニン」の量が豊富で、しかも栄養価の高い薬効人参のひとつです。有機栽培された安心の素材を採用。

 

緑茶エキスは、有名ですが脂肪燃焼や健康に良いカテキンが豊富に含まれています。それも、メチル化したカテキンを使用しているところが特徴。

 

このお茶を飲むことで、話題の「エピガロカテキンガレード、サポニン、メチル化カテキン」などが摂れて、効率のいい脂肪燃焼に。なかなか減らない脂肪にお悩みの方、肥満症が気になる方、内臓脂肪が気になる方にもおすすめです。生活習慣病対策としても取り入れる価値あり!

 

緑茶をブレンドすることにより味わいもよく、飲みやすくなっています。

 

価格 1,980円
成分 田七人参、緑茶エキス(エピガロカテキンガレード、メチル化カテキン、サポニンなど)

 

公式サイトへ

スルスル茶

おすすめポイント!

ダイエットがなかなかうまくいかない、思うように脂肪が減らない(-_-)

 

そんな方にお試ししてほしいお茶がこちら、『スルスル茶』です。ネーミングから期待できそうですね!スルスル茶は、「高発酵プーアル茶」と、「黒ウーロン茶」を組み合わせたダイエット茶になります。

 

プーアル茶に含まれる「重合カテキン」によって脂肪吸収を抑えながら不要なものを排出し、黒ウーロン茶と相乗して脂肪対策に。

 

さらに、「植物発酵エキス、マテ茶」といったダイエットに良いお茶や成分が配合されており、ダイエットに良いだけでなく、ビタミンやミネラルの補給にもなります。栄養不足になりがちなダイエット中にも安心のお茶です。

 

また、ティーバッグタイプになっているので飲みやすく続けやすいところもポイント。

 

価格 1,980円
成分 高発酵プーアル茶、黒ウーロン茶、植物発酵エキス、マテ茶

 

公式サイトへ

茶流痩々

おすすめポイント!

ダイエットに人気のお茶!『茶流痩々』は、文字通り”痩せる”サポートのお茶です。

 

年齢を重ねるとどうしても新陳代謝が落ちるものです。これが、痩せにくくなり太りやすくなる理由。そんなときにおすすめしたい、プーアル茶葉を茶流痩々では採用しています。

 

それも、「国産プーアル茶葉」を使用しているので品質も安心です。このプーアル茶に含まれる、「重合ポリフェノールや没食子酸が脂肪の吸収を抑えて、同時に脂肪燃焼を高めます

 

また、ダイエット中に不足しやすい栄養も摂れるお茶です。ビタミンやミネラルなどの栄養素が補給できます。

 

価格 2,700円
成分 国産プーアル茶葉(重合ポリフェノールなど)

 

公式サイトへ

皮下脂肪は落ちにくい?その真相とは!

いつの間にかついてしまった脂肪…。二の腕やおなか、ウエスト、おしり、太ももなどに、つまめる脂肪がありませんか。

 

それが、「皮下脂肪」です。皮膚組織の下についている脂肪のことで、身体を守ったり、万一のエネルギー源になる脂肪なのですが、必要以上に溜まると、見た目にも出ます。

 

なんとかしたい脂肪ですが、皮下脂肪は落ちにくいともいわれています。皆さんも、実際にダイエットをしてみたけど、いまいち効率よく落ちないという経験をなさっていませんか?

 

脂肪には大きく分けて「皮下脂肪、内臓脂肪」という種類があります。内臓脂肪に比べても、皮下脂肪は落ちにくいというのが特徴です。また、男女で比較すると、女性のほうがつきやすいともいわれています。

 

ではなぜ、皮下脂肪は落ちにくいのでしょうか?その理由は、皮下脂肪ならではの特徴にありました。

 

皮下脂肪というのは、万一のエネルギー源として蓄えられる仕組みになっています。たとえば、何らかの事情でエネルギー源をとれなくなったときに、その脂肪をエネルギーにして生命活動を維持します。

 

このため、皮下脂肪はなかなか減らすことができません。それに加えて、普段はエネルギー源になる食事をとるので、そちらを優先にエネルギーを消費するため、食事量が多いほど皮下脂肪は減りませんし、摂取したエネルギーが使われなければ、さらに皮下脂肪は増えてしまいます。

 

効率よく皮下脂肪を減らすためには、食事もある程度の制限が必要ですが、それ以上に重要なのが「運動」です。

 

運動を行うと、「ブドウ糖」がエネルギーに変わって消費される仕組みになっています。ブドウ糖は糖質を体内に取り込んだときに作られるもので、たとえば炭水化物を摂取したあとなどに作られます。

 

その日のうちに取り込んだブドウ糖が少ないと、運動するときにエネルギー源がなくなるので、皮下脂肪をエネルギーにかえて消費する仕組みになっています。つまり、糖質の摂取を抑えながら、適度な運動をすると、今ついている皮下脂肪を落としていくことができるというわけです。

 

運動は有酸素運動が効果的です。脂肪燃焼には、有酸素運動を1回20分以上を目安に継続していくことが効果がある運動法といわれています。

 

ただ、エネルギーに使われる順序でいうと、内臓脂肪が優先されます。なので、皮下脂肪を燃やすためには、しっかりと運動を継続していくことが大切です。

 

また、脂肪燃焼力を高めると、より効率よくエネルギーが消費されるので、皮下脂肪も落ちやすくなりますし、代謝が低下している人は、なおさら脂肪燃焼力を高めるべきです。

 

そのためには、脂肪燃焼力をアップさせる成分を含んだお茶を飲む習慣をつけたり、無酸素運動も取り入れて筋力をつけることがおすすめです。

 

食事を見直す+脂肪燃焼力を高める+運動を継続することで、頑固な皮下脂肪も落としていくことができます。コツコツ続けることは健康的なダイエットとなり、リバウンド対策にもなります。

皮下脂肪にマッサージは効く?

体についてしまった脂肪を落とす方法のひとつに「マッサージ法」があります。

 

エステサロンの痩身エステなどでも、プログラムにマッサージを取り入れていることも多く、実際に脂肪を落とすために有効と言われています。

 

背中などは難しいですが、腕や足ならご自分でもマッサージしやすいので、マッサージケアは自宅でできるダイエットの方のひとつとも言えます。

 

ただし、マッサージのみで痩せるとはいえません。マッサージをしてみると身体がすっきりしたという経験をなさっている方は多いかもしれませんが、それはむくみが改善されたことによる一時的な効果に過ぎないのではないでしょうか。

 

もちろん、マッサージケアに意味がないわけではありません。

 

リンパ腺にそって正しいマッサージをすると、リンパ液や血流が良くなります。すると、体内に溜まった老廃物や、いわゆる水太りの原因になる余計な水分などが排出されていき、体内からすっきりして体もほっそりとします。

 

ほっそりする効果は一時的とはいえ、血流などが良くなることで代謝も高まり、痩せやすい、脂肪を燃焼しやすい体づくりになります。運動と組み合わせて行うと、より痩せやすくなり、皮下脂肪も落としやすくなります

 

運動前にマッサージしておくと脂肪が燃焼されやすくなりますし、毎日の習慣としてはお風呂に入っているときや入浴後がおすすめです。

 

入浴後は体も温まっているのでよりマッサージ効果が出やすく、ボディクリームを使いながらケアすると肌の調子も良くなりますし、すべりが良くなるのでマッサージをしやすくなるアイテムです。

サウナは皮下脂肪の燃焼に効く?

ダイエットのためには、ずばり「汗をかくこと」が大切!というイメージがあるかと思います。

 

脂肪燃焼やダイエット目的で、サウナを利用される方も少なくはないでしょう。岩盤浴などの施設も増え、健康や美容のため、そしてダイエットのためにも利用者が多いです。

 

では実際、サウナにはダイエット効果、脂肪を燃焼させる効果はあるのでしょうか。

 

マッサージの効果と同じようなもので、サウナのみで脂肪を減らしたりダイエット効果は期待できません。実際に汗をかき、サウナを出たあとに体重が減ったという例もありますが、それは水分が排出されているからで、肝心の脂肪が減っているとはいえません。

 

もちろん、サウナも全くもって脂肪の燃焼に効果がないというわけではありません。

 

まず、高温多湿の中で汗をかくことにより、身体の老廃物が排出されるデトックス効果が起こります。

 

血流や代謝も良くなるので、脂肪が燃焼されやすい体づくりには効果的です。

 

ちなみに、サウナに入るだけでもカロリーは消費されますが、1時間で大体160カロリーほどとされています。

 

水分をとりながら適度にサウナに入ることは健康的でダイエットにも良いですが、むりに入り続けるといった行為は体によくないので注意してください。脱水症状などを起こしかねません。

 

また、しっかりと皮下脂肪を燃焼させるには、サウナだけでなく運動の習慣もつけましょう

皮下脂肪とは?最低限は必要な理由

脂肪というと体に悪いイメージがあるかもしれません。ですが、最低限は必要なものです。まず、脂肪には大きく分けて、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」という種類があります。

 

それぞれ体にとって欠かせない役割があります。なので、ある程度は必要になってきます。たとえば、健康診断などで出る脂肪の数値も0が基準値とはなっていません。

 

内臓脂肪の場合は、内臓を外部刺激から守るためについています。

 

一方、皮下脂肪も同じように体を守るクッションのような役割と同時に、「万一のエネルギー源」としての役割があるのです。

 

たとえば、遭難したときなど食事もない、エネルギー源がとれない状況になると、皮下脂肪がエネルギーに変換されて生命活動を維持する仕組みになっています。

 

日常生活でも、エネルギーの摂取量が少なく、消費量が多いと皮下脂肪を使うので、食事が節制されていて運動する習慣があると、皮下脂肪はつきにくい健康的な状態といえます。

 

まとめると、もしものときに使われる”蓄え”なので、皮下脂肪を燃やすためには、普段のエネルギー源を減らして、有酸素運動を続けることがカギになります。最低限は残しておきながら、基準値のキープを目標にして脂肪を燃焼していきましょう。

 

もっとも、皮下脂肪は内臓脂肪より落ちにくいと言われていますが、きちんと正しいダイエットを習慣にすると、余計な脂肪を取り除いた、きれいなボディラインが目指せます。

 

脂肪を減らして適度に運動をすると基礎代謝も高まることから、太りにくい体づくりにもなります。

 

~ここで豆知識~
脂肪のつきやすさは男女で違いがあります。男性の場合は内臓脂肪、女性の場合は皮下脂肪がつきやすい傾向にあります。

 

皮下脂肪は見た目に出やすいので女性としては男性の体がうらやましいと感じるかもしれません。ですが、内臓脂肪は健康が被害につながりやすい脂肪なので、そうよくもありません。

 

それに、女性が皮下脂肪がつきやすいのは、妊娠の可能性があるからです。もし妊娠された場合、胎児を外部から守るために欠かせないので、女性はとくに溜まりやすい傾向にあります。

 

また、内臓脂肪は皮下脂肪よりも落としやすい傾向にあります。内臓脂肪・皮下脂肪に関するプチ豆知識でした。

皮下脂肪を効率よく落とすためには?3つのポイントがあり!

脂肪燃焼力を高める、代謝を上げる

脂肪燃焼力を高めて代謝を良くすると、痩せやすくなり、さらに新しい脂肪がつきにくい体づくりになります。とくに年齢を重ねていたり、筋力が低下すると脂肪の燃焼力も代謝も落ち込んでしまいます。

 

まずは脂肪燃焼力と代謝を高めることからスタート。そのためには、燃焼系成分を含んだサプリメントやお茶がおすすめです。また、筋トレなどで筋力がつくと、代謝もあがり痩せやすくなりますし、太りにくい体がつくれますよ。

 

食事量を抑えつつ有酸素運動で脂肪燃焼

食事量を抑えると、糖質制限になりエネルギー量が減ります。すると、内臓脂肪からになりますが、体についた脂肪をエネルギーにかえて燃焼していくことができます。

 

さらに有酸素運動を行えば、頑固な皮下脂肪も、効率よく燃焼させていくことができるはずです。

 

必要な栄養素をしっかり補う

栄養不足になると身体の調子も低下しますので、バランスよく栄養を摂ること。そして、脂肪燃焼に良い栄養素も補いましょう。

 

たとえば、「アミノ酸、クエン酸」などが代表的です。食事からもとれますし、どうしてもカロリーの問題から食事だけでは不足しがちならサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。

 

食事は”食べ順”意識

食事はバランスよく摂ることと、食べすぎに注意をしましょう。脂質や糖質を抑えながら、意識してほしいのが「食べ順」です。

 

野菜⇒肉や魚⇒ごはんという流れで食べると、脂肪がつきにくくなります。まず先に野菜をとるのがポイントで、野菜を摂っておくと、次に入る栄養素の吸収を制限できます。

皮下脂肪を落とすために制限したい「糖質、脂質」

「糖質制限ダイエット」というダイエット法が、近年話題になっています。まず、糖質というのは各栄養素の中でも、エネルギー源になる栄養成分です。

 

そのため、糖質ダイエットをすると、糖質制限によって内臓脂肪や皮下脂肪からエネルギーを作りやすくなるため、今ついている脂肪が燃焼されやすくなります。

 

ただし、糖質制限はそもそも糖尿病患者さんのための食事療法のひとつです。完全に糖質を抜くのもよくありません。摂取量をあくまで減らす程度におさえます。

 

過剰に糖質を制限すると脂肪が使われますが、それだけでは不十分です。

 

脂肪の元になる脂質も摂りすぎてはいけませんし、総摂取カロリーも考えることです。バランスのいい食事を目標としながら、糖質や脂質を抑えて運動をすると、効率よく脂肪が落とせます。

 

内臓脂肪より頑固な皮下脂肪も、継続的かつ正しい食事制限と、適度な有酸素運動が効きます。

 

皮下脂肪を落とすためにはなにより、根気よく続けることです。継続していくことによって、脂肪は少しずつ燃焼されます。すぐに減らないからと言ってやめるのは勿体ありませんので、長い目でみて数か月は実践しましょう。

皮下脂肪燃焼のまとめ

皮下脂肪は頑固な脂肪です。内臓脂肪よりも減りにくいことが問題。でも、燃焼させて減らすことは可能です。

 

皮下脂肪を燃焼するためには、まずは脂肪燃焼力や代謝を高めること。そのためには、ダイエットに良いお茶やサプリメント、筋力アップトレーニングがおすすめ

 

それから、食事の適切な制限と、適度な運動を習慣にすることが大切です。